お詫びとお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
景品表示法に基づく措置命令(平成三十一年四月十六日付)に従い、一般消費者の誤認を排除するため、次の通り周知いたします。

弊社は、弊社が運営する「焼肉レストランROINS沖縄」(以下「ROINS沖縄」という。)及びの各店舗(以下「本件店舗」という。)において提供する「タン」と称する部位を使用した料理(以下「タン」という。)及び「ハラミ」と称する部位を使用した料理(以下「ハラミ」という。)並びにROINS東大和において提供する「シマチョウ」と称する部位を使用した料理(以下「シマチョウ」という。)並びにこれら料理を含む盛り合わせ、セット又はコース料理の各料理(以下「本件料理」という。)を一般消費者に提供するに当たり、平成25年3月21日から平成30年12月20日までの間、例えばROINS沖縄において提供する本件料理について、当該店舗に係るウェブサイトにおいて、「沖縄県産の食材と日本全国選りすぐりの黒毛和牛専門店」及び「『心のこもった料理を』をモットーに料理長が厳選した黒毛和牛のみを使用した、ROINS自慢の新鮮でクオリティの高い料理をお楽しみください。」と記載するとともに、「【厚切り黒毛和牛を使用した上タン塩】お客様が必ず驚く当店の上タン塩は、、黒毛和牛の舌を丸ごと一本使用仕入れております。」等と記載するなど、あたかも、本件料理には、黒毛和牛の部位を使用しているかのように示す表示をしておりました。

しかし、実際には、本件料理について、ROINS沖縄において提供するタンには外国産牛のものを、ハラミの大部分には外国産牛のものを使用しており、ROINS東大和において提供するタン、ハラミ及びシマチョウには外国産牛のものを使用しておりました。
これらの表示は、本件料理の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すものであり、景品表示法に違反するものでした。

弊社は、弊社をご利用いただきましたお客様をはじめ、関係者の皆様に多大なご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。弊社は、措置命令を受けたことを真摯に受け止め、再発防止に全力で取り組んで参りますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

平成三十一年四月十七日
株式会社ロイヤルダイニング